〇〇〇では愛を込める練習をしている

愛を込める練習。

結論から言うと「ブログ」を書くことで愛を込める練習をしています。

明確なある人へのギフト

文章を書くときは

明確なある人を思い浮かべて書いています。

大多数ではなく

たった一人に対して書く。

これは

あるベストセラー作家があるイベントで話ししていました。

「本はたった一人の人のために書いている。その人の先に同じ悩みや同じ感覚の人たちがいて、結果的に共感が生まれ本のファンが増えていく。」

最初はあくまで目の前のたった一人から。

ブログはいつもギフトを送るような気持ちで書いています。

ブログは自分の感情を写す鏡

ブログを書いていると自分と向き合う時間が強制的に生まれます。

ポジティブな時もあれば

ネガティブな時もあります。

以前は感情の起伏がそのまま文章も出てしまったこともありましたが

今は「愛」を込めて書くことが習慣化できています。

たった一人への手紙を書き続ける

ブログでは

毎回ある人への手紙を書く感覚で書き続けます。

思い出すのは

母親が書いてくれていたテーブルの書き置き。

私宛に「あたためて食べてね」って書いているだけですが

なぜか温かさを感じます。

今後もそんな温度感あるブログを書いていければ思っています。

心を込めて。

編集後記

新しい世界への準備を

コツコツしています。

以前転職した時の感覚を感じています。

次の世界ってどんな世界なんだろう。

理想を現実化するためにも

日々修行を継続していきます。

今週末から沖縄です。たくさんの学びを吸収してきます。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする