細部に宿る

年始に訪れた宮城県にある秋保温泉。

一流の旅館やホテルは

すべての空間に

死に場所を作らない。

階段の下

廊下

人の導線に合わせて水の自然音

ちょっとした隙間

何気ないところに香り

常に

一貫性ある

「伝えたいこと」が

その場の

世界観を作り続けている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする