【12月21日開催@アツマーレ】タッチフットやります!

くすぶっていたスポーツへの熱量がラグビーワールドカップで再燃。

友人たちと共催でタッチフットのイベント開催が決定しました。

タッチフットとは

タッチフットは、ラグビーのタックルなしバージョン。

タックルの代わりにタッチをして相手を止めます。

タッチされた人は立ち止まりそこからまたスタートというのがルールです。

城里町にあるアツマーレで開催

アツマーレは廃校を再利用した施設で現在はJ2の水戸ホーリーホックのクラブハウスとしても活用されています。

施設内も以前は学校だったということもあり

家庭科室や図書館もそのまま地域の人たちが使用できる状態で残っています。

また選手たちが使用しているジムも地域の人たちが利用可能。

選手たちがトレーニングしている隣で地域の人が運動しているシーンはまさに異端。

地域スポーツの新しいあり方を感じることができます。

今回はその貴重な場をお借りして、サッカーではなくタッチフットを開催します。

自然に溶け込むグラウンド

ここでの最大の魅力はグラウンド。

サッカーグラウンド2面分ある広大な敷地に天然芝と選手には最高の環境です。

そこで今回は、城里町の地域おこし協力隊の人と一緒に開催します。

誰でも参加OKで、参加費も無料。

久々に楕円球を追いかけるので、楽しみです!

編集後記

今日帰り道、自転車を漕いでいて

ふとなんでこんな全力で漕いでいるのかと思った瞬間がありました。

会社の仕事が終わってからも、帰ったらまた自分の好きな仕事がある

だから自然に体が動いて取り組めるんだなと。

どんどんいろんな境界がなくなり始めています。

一体感。もっと極めていきたいです。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする