【周りのステージに引っ張られる】当たり前が自然と変化する場に

「昔と今の居場所の違いについて」

質問されたことがありました。

結論から言うと

その場に滞留だけで留まるか

関わる全員が成長しているかどうか。

私は後者に属してから

成長できています。

一番速度は遅そうですが、なんとか食らいついています。

環境に左右されることを知る

継続して変化している人たちは

ずっと挑戦し続けています。

ある人は、挑戦を実験と言っていた人もいました。

私もどちらかと言うと実験をし続けている状態です。

好奇心、探究心を利用して掘り下げ続ける。

それが原動力です。

どこに身を置き、どんなエネルギーに接しているか。

これを今一度考え直さないといけないです。

成長したら、慣れてきたら、居づらいところに行く。

私の自分ルールです。

今晩は結城市に行きます

10年間継続した結いプロジェクト。

10年を節目としたパーティーが開催されます。

なぜ10年継続できたのか

関わる人はどう変化できたのか

そして今後の展開はどうなるのか

聞きたいことをたくさん質問してきます。

現地に行って肌で感じることも大事です。

とにかく楽しんできます。

継続できた理由が

今後の私自身の挑戦のヒントになると思っています。

準備ができていないからではなく

準備ができていなくても飛び込むことをしています

無謀なギャンブル的な判断はお勧めしませんが

やりながら成長すると言う選択も必要です。

飛び込む勇気。

これからいろんなことが一気に起こる。

その時にいかに判断して乗り切るか。

まだまだ未熟ですが、内省ブログを継続しながら

日々の学びと体験を書き留めていきます。

編集後記

書類整理、とにかく苦手。

ここを解決してくれるテクノロジーはないのか。

今日は机に張り付きです。

明日は家族の日。

明後日はHitachifrogsです。

そのあとは、会食が続きます。

少し、休養も取りながら年末まで走り抜けたいと思います。

予定詰め込みすぎた。笑

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする