【全ては設計図から始まる】自分の習慣と日々をデザインする

「どんなふうに日々のスタートを意識していますか?」

以前ある方から質問がありました。

結論から言うと

毎日朝、机に向かったら

その日のタスクの洗い出しと優先順位の設計をしています。

これをやるとのやらないのでは効率が全く違うのです。

頭の中身を外に出してみる

捨てる前の書類の裏を使って

毎日朝一でタスクの洗い出し

私の場合は、そのまま何もせず仕事をしていると

頭の中が錯綜して

マルチタスクとなり効率が下がります。

朝のルーティンは

自分の癖に合わせて

悪い状態に自分がならないようにするための工夫です。

書いたものがいつまでも消えない

習慣でも

意気込みだけで継続しないことも結構あると思います。

日々のタスクでも

昨日書いたけど処理できていない

そう言う場合は

大抵、緊急じゃないけど重要であるタスク。

緊急で重要であるが日々のベースになると思います。

しかし

日々緊急で重要であるものばかりで

埋め尽くされていると

次のフェイズの準備が全くできないことが多いです。

優先順位でも割合がある

私の場合は、80対20の割合で決めています。

緊急度高く重要度も高い80%

緊急度はないが重要である20%のおおよその比率です。

この20%の使い方で

その後の人生の形が変わってきます。

言い訳でこの20%を確保せず惰性で過ごすのではなく

いかに自分で捻出してその時間を有効活用するか

この工夫も自分を良くする課題の一つだと感じています。

どう自分の設計図を書くか。

さて今日もいっぱいあるなぁ。タスク。笑

編集後記

最近は早めに寝て早く起きるスタイル。

だいぶ体力面が20代と30代では変わってきたように思います。

自分の変化も感じながら、それを自覚して工夫していく。

これからもっと自己管理が大変になりそうですね。

さてこれから会社に出勤です。

夜は、水戸で。明日、明後日と会食が続きます。

がんばります!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする