【人の行動が変わる瞬間】日本仕事百貨 in 日立

先日、1泊2日で日立市を舞台に日本仕事百貨さんが企画する

「しごとゼミ、地域を編集するゼミ in 日立」

で日立、茨城についての話をする機会をいただきました。

https://shigoto100.com/event/shigotosemi_localedit

受講生はほぼ女性

受講生は都内からバスで日立に。

受講生と合流後に驚いたのが、ほとんどが女性だということ。

参加しているのは、編集者・ライターを志望する方達です。

企画、イベントとかやっていると参加者に傾向が出てくるのですが

移住関係でも決断して行動しているのはほぼ「女性」です。

決断するスピードは男性の何倍も早く、そしてすぐにアクションする。

今回の受講生の温度感の高さも

表情や会話をしてみて、なるほど!と納得できるものでした。

本気度って表情と行動しているかをみたら伝わってきますよね。

ぼくもあの行動力で動かなくてはと内省を迫られました。

受講後にそれぞれの想いを言語化する

私は合宿初日のみの対応だったのですが

合宿終了後、SNSで繋がった方々が次々に更新。

合宿の振り返りとご自身の内省を兼ねて言語化し投稿していました。

宿題があったのかもしれませんが

今まで溜まっていたものが一気に噴出したかのような温度感。

文章にも熱量がこもっています。

何よりもその人「らしさ」がにじみ出ているのが

僕の心をくすぐります。

皆さんの記事を見ていたら

僕も負けてられないと思い書き始めました。

人の行動が変わるのが好きです

人財育成のプロジェクトに関わっていますが

人のスイッチが入る瞬間ってちょっとしたことだったりします。

例えば、人に会った時に発動したりします。

今までの自分にはなかった価値観や視点を見せられた時に

一気に視座が上がり動き出す。

このタイミングは年齢関係なく誰にでも起こる現象です。

懇親会でもいろんなローカルプレイヤーとの会話できる場を作りましたが

やってよかったなと感じています。

都会でもローカルでもどんな場所でも成長できる。

そんなメッセージを伝えたかったです。

次は12月にまた本格的な実習があり、受講生の方々が日立に来ます。

僕もしっかり準備して臨みます。

また充実した時間になりそうな予感です。

編集後記

昨日はif design projectのサービス構築ミーティングに参加。

「そもそもこのプランはどうなのか?」

原点回帰しながら、本音をさらけ出した議論が進みます。

強いチームってこの会話が日常であるんですよね。

この場にいれたことでたくさんの刺激をもらいました。

今日は、朝から怒涛の打ち合わせです。

明日はif design projectのDAY3で終日都内。

明後日は子ども大学のDAY5で小学生4年生から6年生と一緒に

産業祭で販売体験の講師。その後はHitachifrogsと連日続きます。

今年も残りあと少し、がんばります。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする