【夜より朝のMTG】自分の最適な時間帯を知る

久々に朝からのミーティング。

最近は夜型が続いていたので、いつもと違う新鮮な気持ちでした。

夜と朝の違い

いろんなタスクがある中で、年末が迫る中で最近はガス欠気味。

夜まで自分の仕事の作業が続き、起きるのはいつも出勤ギリギリの時間でした。

以前は早起きして自分時間をつくり

毎日誰よりもスタート時間が早く

躍動感ある毎日を過ごしていました。

何か自分のリズムが最近掴めていない

最近は感覚をいただいていました。

アウトプットの精度に違いがある

実は、自分の仕事の速さを毎日計測しています。

1件あたりの見積もり作成時間

書類の入力スピード

打ち合わせ時間

交渉した時間

などなど

細かいタスクを把握し

どれだけ効率化と精度をあげることができるのかを

実験しながら毎日を過ごしています。

結論、最近夜型が続いていた数字を検証すると

明らかに精度が落ち、下手すると30%以下の精度になっているものも。

数字で自分を客観視すると

何が合っているのか

何が適切なのかがよくわかります。

自分のリズムを知る

仕事にも速度があって

陸上選手が自分のタイムを計るように

仕事スピードも自分で把握しておくべきです。

そして

最高にパフォーマンスを発揮できるタイミングを自分で把握しておく

それがいい仕事をする要因の一つです。

まずは自分のリズムを知ることから。

これからまた朝型に切り替えます!

編集後記

今日は友人と朝から朝活。

いい議論とこれからの話ができました。

深いインサイトを共有しながら、前向きな議論ができる人がいるのは有難いです。

明日はワールドカップの観戦で横浜に。

思いっきり楽しんできます!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする