【振り出しに戻る】プランがゼロベースに

昨日今日と2日間都内で新規事業の立案合宿。

今までチームで考えてきたプランを

コンサルの方を交えて徹底的にブラッシュアップしていきます。

しかし

2日目の最後の起きたのは

事業性に乏しく、プランがゼロベースになり

全員が放心状態になりました。

ビジョンは壮大、でも…

チーム結束当初は

大きなビジョンとして

私自身が提案したプランが採択され

チームで事業化するために

リサーチから事業生の検証まで

全員本来の業務がある中にプラスアルファで取り組んでいきました。

ダメだったけど、もう一回戻る選択

一緒に合宿に参加した

ある有名コンサルの方も

お手上げ状態のプラン。

悲壮感がチーム内で漂いましたが

そんな中でも出した答えが

「もう一回やりたかったことのすり合わせをしよう」でした。

原点回帰をして

もう一回振り出しに戻るけど

そこからやり直そうというもの。

この選択は勇気のいることでした。

本当にやりたことをやる

コンサルの方が

私たちに伝えたメッセージがありました。

「原体験に紐づくこと」をやること。

机上の空論のプランや事業は途中で崩壊して絶対にうまく行かない。

どんなことがあってもやり切れる何か

課題ファーストでも

自分ごとにできるかどうか、原体験が必要である。

本当にやりたいことをやる。

なんどもなんども繰り返して伝えてくれます。

確実にここにヒントがあります。

まずは現場や自分の体験したことからあぶりだすこと。

明日からまた事業のタネ探しです。

編集後記

2日間研修で不在にしたので

明日会社行ったらかなりの事務処理がありますね。

速攻片付けて

事業プランのブレストをしなくては。

金曜はイベント、土曜もイベント、日曜もイベントです。

となると

まとまった時間を取れるのは明日しかないですね。苦笑

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする