整理整頓 片付けの重要性

シリコンバレーから帰ってきてからは

内省ばかりしています。

もちろん、仕事もしているわけですが

以前より振り返る時間を大事に生活している自分に気づきました。

自分の全ての行動に足りなかったもの

結論から言うと「片付け」という

行動が抜けていました。

いつも考えている「思考」

いつも「行動」する基準

私が苦手な家・職場の机の「もの」の片付けまで

片付けという「行動」のが今までおろそかにしていたことに気づきました。

ここ1週間は全て

「思考」「行動」「もの」

の片付けに時間を当てています。

片付けで得るもの

片付けをしている時に得るものは

「本来の自分らしさ」を取り戻せることだと感じています。

捨てるや整理することには

何らかの価値基準があり

決断を繰り返しをすることになります。

それをせずにしていると

どんどん雪だるま式に大きな塊となり

本来の自分らしさややりたいことへのプロセスを見失ってしまう。

それが最近までの自分に起きていました。

コアメンバーとの原点回帰の作戦会議

あるプロジェクトのコアメンバーで

数年前に全員で描いたビジョンを再度確認する時間を取りました。

全員忙しい中、本当に貴重な時間。

そこでは今の課題や

これからの目指す目標の共有から始まります。

ここでしたことは、昔のビジョンの整理整頓。

そして

これからの行動するための、達成できた目標の片付け作業。

チームであるものの、やったつもりになっていた進むべき方角の設定。

これは貴重な時間でした。

自分だけの片付けではなく

チームでも一緒にプロジェクト内部の片付けも大事なこと。

このことで人生に「片付け」という時間を大切にすることを学びました。

世界で活躍しているこんまりさんの「片付け」のメソッド。

ものだけではない効果を自分の体験を通じて得られたことは

貴重な機会です。

どんどん研ぎ澄ませれていく感覚

片付けで無駄な思考や思い込みが

どんどんなくなっていく感覚があります。

今まで大量の無駄な思考を溜め込んでいたようです。

なんかダイエットのような感覚に似ていますね。

無駄なものは食べない。

あくまで目指すべきものへフォーカスすること。

今のプロセスはまだまだデトックスしている途中。

まだまだ大量に出そうですが、楽しみます。

最近良い展開が起きています。

編集後記

キャリアをどうするか。

就活以来ですが、しっかり考えています。

遅いですよね。笑

でも自分らしさもあって

そこでの答えはより良いものになると思います。

明日は台風が来ます。

何事もないように祈ります。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする