【陰と陽のバランス】休み方の工夫

以前質問された「いつ休んでいるんですか?」

というある人からの質問。今までに何回もされてきた質問ですが

この「休み方」については私自身、何度も失敗しながら工夫しています。

陰と陽のバランスとは

茨城県水戸市で使われている言葉「一張一弛」

弓の弦の張りを強めたりゆるめたりすること。転じて、人に厳しく接したり、寛大に接したりすること。また、心を引き締めたりリラックスさせたりすること。

以前水戸で受講した「あしたの学校」での授業での一コマで知った言葉です。

水戸の弘道館は「陽」、それと対になるものとして偕楽園の「陰」ができたというもの。

水戸の歴史から、当時の人たちがどんなライフスタイルに想いを馳せていたのか。

「行動したあとは、ゆっくり緩めて成長を楽しむ」

そんなメッセージをもらったのを覚えています。

アクセル全開では疲弊する

昔、ハードワークしすぎて何度か倒れたことがあります。

救急車で運ばれた時は、酔っ払いと思われ冷たい対応をされました。

今ではいい思い出です。笑

ここで学んだことは「余白」が自分を成長させるということ。

意図したブレーキがあって

より成長できるエネルギーが充填される。

自分の中に偕楽園のような、余白と時間があることで

またアクセルを踏むことができる。

結構自分で危機を体験したいとわからないタイプなので

この時の出来事は

すべてのスケジューリングや行動指針に大きな変化をもたらしました。

陰と陽の比率を意識する

以前は陰(休み)10%、陽(行動)90%でどんどん仕事をするタイプでしたが

自分にはそのスタイルがあっておらず

現在では陰(休み)30%、陽(行動)70%くらいまでするように意識しています。

まだまだ挑戦中ですが

私の師やどんどんチャレンジしている人で共通しているのは

陰の部分の使い方を意図して意識している方が多いということ。

そのことでクリエイティブな思考を作り出し、成果を出しています。

私の場合は、ゆったり、のんびりする時間をいかに確保するか。

それが最大の「休み」であり「癒し」です。

そしてそれがあるからこそ、本来の能力を出せる状態に近ずく。

理想ではありますが、少しずつでの意識して習慣化していきたいものです。

ここでの実験はまたまとまりましたらご報告いたします。

編集後記

今日は早朝から英語のオンラインコーチング。

英会話を始めて2ヶ月。

自分を信じて愚直にやり遂げました。

まだまだ未熟ですが、明日から行くシリコンバレーでは必ず役に立つことだと思います。

今の実力で精一杯チャレンジしてきます。

今日はこれからJIYUDIZAIのOPENDAY。

その後は、明日の荷造りです。

いつも直前になっちゃいますね。

忘れ物しないようにしないと。笑

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする