【複業力】会社の外で挑戦することで得られる3つの力

先日あるインタビューを受けた際に聞かれた質問

「地域に関わるようになって変化したことはなんですか?」

と質問され

私の回答は「根暗(ねくら)から根明(ねあか)に変化した」ということをお話ししました。

それには3つの力がありました。

3つの力「アウトプット」「フィードバック」「自分軸」

劇的に人が成長できる要素3つを挙げろと言われたら

「アウトプット」
「フィードバック」
「自分軸」

この3つを挙げます。

アウトプットは怖くても行動すること。

フィードバックは怖くても相手から客観的な意見をもらうこと。

そして、そのプロセスの中で

自分が好きなもの嫌いなもの、得意なもの苦手なもの、相手にとってニーズがあるものなどを洗い出していきます。

結果的に、その集合体が「自分軸」に昇華して

より行動の精度や相手のフィードバックを的確に受けることができる

良いスパイラルに突入し、さらに成長できるという状態に入っていきます。

アウトプットすると足りないところがわかる

昔は本を読んだり、セミナーばかり行っていた知識メタボ。

いろんなことを知った気になっただけで

行動は全くしていませんでした。

6年前に初めて行動し始めて、インプット先行型からアウトプット先行型に移行。

そこで起きた変化は、行動すると自分の弱いところ苦手なところがわかり

その弱点に対して的確なインプットができるということ。

これがあるとこで自分の弱さを補うことができ、自分という土台により安定性が出てきます。

フィードバックをもらう回数が自分を成長させる

誰から意見をもらうかというのは大事ですが

この人に聞いたらちょっと怖いなっていう人に必ず意見を聞くようにしています。

心折れる時もあると思いますが、

それでも的確なアドバイスをもらえることは大事なこと。

いつまでも心地よい空間にいるだけでは成長の速度は上がらないと私自身は思っていて

自分から心地よいコンフォートゾーンを出ることをしています。

ほんと苦しいですけどね。

でも成長には必要なことです。

自分軸は行動と比例して強化されていく

自分軸というのは答えはないです。

だからこそ、自分なりに仮説を立て行動して、検証していく。

その結果で自分の価値観や大切にしているものを集め、自分軸を強化していくんだと思います。

とにかくどんな小さくても行動すること。

私もリアルの行動もしますが、このブログも行動の一つです。

いかに自分のことを自分の言葉で表現できるか。

まだまだ未熟ですが、現在はブログを始めて重みある自分なりの言葉というのが話せるようになってきました。

自分軸は自分の内側にある感情や価値観です。

それを認識することでさらなる成長と出会いがあるはず。

日々成長している自分を感じられるのは一番の成長材料かもしれませんね。

とにかく行動よりは自分なりの歩幅をもつ

拡散と収束。

ワークショップやアイデア出しではよく使い言葉ですが、

これは自分の中でも言えることです。

拡散してとにかく行動したけど、それだけだといつかは疲弊して動けなくなる。

収束の時間をいかに持つかを自分のライフスタイルで大切にしていることです。

収束とは辞書で引くと「集めて束ねること。また、その状態」

自分の行動を整理して整え、次に行動する際に精度を上げる。

私の場合はこの機能をブログに落とし内省(収束)をライフスタイルに組み込んでいます。

久々にブログで起きた変化についても改めて書いてみます。

とにかく行動には限界がある。

行動したら収束を一回振り返って充電。それからまたとにかく行動。の繰り返しです。

経営者や起業家の方々と会うとこのスパンが劇的に早いのです。

ここまでできるようになるのが理想ですね。

私も日々鍛錬を継続します。

編集後記

今日は朝から妻を水戸へ送迎した後に

水戸のカフェにこもって内省をし続けています。

本を読んだり、ちょっとしたことをノートに書きながら内省したり

この余白あるライフスタイルが本来の理想な形ですね。

いい時間を堪能できました。

明日から仕事が始まります。

がんばろっと。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする