【好奇心と探究心】人と人をつなぐ意義と生まれてきたもの

ある大学の学生さんたちにどんなことをやっているのか

事例紹介や私自身のことを話す機会をいただきました。

で、どんなことを話そうと思ったら

依頼してくれた方が

「人と人をつなぐ意義とそれで生まれてきたもの」

について話して欲しいと言われ

今までの動きときっかけについて振り返っていました。

きっかけは何だったか?

最初の最初は覚えていないです。

でも感覚としては

「あの人とあの人をつなげたら面白そう(ワクワク)」

という好奇心があって

繋げる場だったり、飲み会をセッティングしたりしていました。

そこから

もっともっといろんな繋がりを見たい、広げたいと探究心が生まれて

地域にいる人やプロジェクトを調べる(リサーチする)ようになりました。

つなげ方には大きく2つある

繋げる時には大きく2つのやり方があります。

①補完
②同種

シンプルにこの2つだけです。

補完については、補完関係を作る。ということを意識してつなげています。

文系と理系。

コミュニケーションに長けている人とプロダクトを作る設計者。

プロモーションとプロダクト。営業と設計。

など

陰と陽のように補完関係であるようなイメージを持ってつなぐ場を作ります。

相性もあるのでかなり注意深く考えての紹介をするようにしています。

あとは同種。

これは業界や職業ではなく「志・ビジョンが高い」というのが同種としています。

志・ビジョンが高いというのは、私の中で3つに分けて定義しています。

1)一貫性。言動にブレはないか。
2)実行力。行動している。
3)人間力。相手への思いやり、目の前の人を大切にしているかどうか。

全て完璧に満たすっていうガチガチの基準ではないですが

これを基準に置くことで場の温度感を最大まで高める工夫をしています。

そして

この温度感で繋がった相手とはいろんなプロジェクトや仕事につながり

新しい仕事が生まれる

そんないい循環を生み出しています。

必ず人には強みと才能がある

人と会っている時、今この瞬間。

いつも考えている問い。

「あの人の強みと才能は何だろう」

これが毎日頭の中で考えている私の問いです。

その中で

いつも会った人の強みや才能を集め

自分の中のデータサーバーに放り込み

いい条件でマッチングしたら紹介する。

そんなことを繰り返しています。

いい出会いが今後も作り出せていけたらなと思いますが

とにかくもっと調べてたい欲求が止まりません。

ここが私の変態性。趣味でもあり能力でもある。

もっとこれをこじらせたいと思います。笑

ここの繋げる要素の話はものすごく量が多いので別でブログに書きますね。

編集後記

最近とにかく寝るようにしています。

疲れを認識したらすぐにリカバリー。

これからいろんなことが複合的に始まるので

今のうちに自分のリズムは整えておきたいです。

今週末はHitachifrogsの最終選考会。

誰が今回選ばれるのか。楽しみです!(泣いちゃうだろうな。笑)

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする