【自分の仕事のマニュアルづくり】業務フローを可視化する

大きな仕事の渦に巻き込まれてながらやっていること

それは

仕事のマニュアルづくりです。 

オリジナルノートにはメモだらけ

上司が言った言葉

引き継ぎ者の言った話

サポートしてくれた人たちの言葉を全て書き込んでいます。

書き込んで一つ一つモジュール化して保管して

毎日朝始まる時に振り返りと

全体の作業フローを手書きで書くようにしています。

書いていると気づく自分の弱点

最初の入り口から

最後までフローチャートを手書きで書くのですが

曖昧になるところがあります。

実際どうだったたっけ?

そんなことが頭によぎったら

その場かその日に上司やサポートしてくれている人に

聞くようにしています。

昔は人見知りだったので

聞くだけでも恐怖。笑

ちょっとだけ成長したみたいです。

机は工場の生産ライン

机の俯瞰図を書いては

どこにどう書類を置いたら

やりやすいか

保管をどうすればいいのか

PCのデスクトップの管理もどうしたら引き出しやすいのか

自分の仕事を最大限に効率化するか

それだけを徹底して考えています。

仕事動線、タスクの処理方法、社内社外の連携、完了の仕方などなど

挙げればきりがない仕事の流れ

まだ10%くらいしか把握していませんが

なぜだか楽しくなってきました。

踏ん張りどころです。とにかく楽しみます!

編集後記

自分の仕事をマニュアル化して効率を上げるのもいいですが

教科書みたいなのができると

次の人が引き継ぎやすいんですよね。

誰がやっても再現性が上がる。

それができるところまで精度上げていきます。

鍛錬あるのみ。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする