【仕事を細分化する】ルーティン化に向けて

新しい仕事が増え

いま取り組んでいるのが「仕事のルーティン化に向けての整備」です。

今のままでは毎日フルスロットルで頭を回転させていると

必ず負担がかかってきます。

このブログを読んでいる方からも

「最近慣れましたか?」「落ち着きましたか?」

とお声掛けいただいてお気遣いしてもらい嬉しい限りです。

さて整備とは具体的に何かについて書いていきます。

整備とは何か

「整備」改めて辞書で調べると

整えそなえること。すぐに役立つように、準備、装備、機能などを整えること。準備が整っていること。

となっています。

現在は仕事を細分化して

一つひとつのタスクの精度を上げることに注力し

ルーティン化まで移行できるように取り組んでいます。

部分練習が一番有効

スポーツでも全体練習や連携をやっていますが

根底に重要なのは

一つひとつの動きの精度と積み重ね。

その精度が高ければ

パフォーマンスも上がります。

仕事も一緒で

事務作業、机の整理整頓、報連相のタイミングなど

ちょっとしたことでも良いかたちというのが存在しています。

現在は全てのタスクや引き継ぎ者から今までの背景を確認するなど

ノートにびっしりメモ書きばかりです。

変なフォームを身につけないようにする。

それが今の時期は大切かもしれません。

精度をあげたら一気にルーティン化に持ってくる

まだまだわからないことばかりですが

とにかくやってみて失敗すること

そうすることで何が良くて何が悪いのかが

体験を通じて理解できます。

ただノートに書いて仮設で終わるのではなく

実際に実践して振り返り

足りないものをインプットする。

今日もまたチャレンジの日々です。

編集後記

睡眠の質を上げるためには?

最近調べている内容です。

友人が買っていたFItvit。

https://www.fitbit.com/jp/home

自分の目に見えない睡眠の状態。

一度可視化してみたいと思います。

こういうのがこれから伸びていくんでしょうね。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする