【Hitachifrogs説明会開催】学生さんたちの圧倒的熱量

昨日はHitachiforogsの第1期説明会。

申し込み頂いた学生さんとやっと会えた喜びと

実際現地で感じた気づきを振り返ります。

熱量に圧倒されました

会場に来ると学生たちもちょっと緊張しながら席についたり

同じテーブル同士で自己紹介したり

だんだんと会場の雰囲気が緩くなっていきます。

そんな中、

体験ワークショップが始まると

どんどん会場の雰囲気が変わっていきます。

これでいいんだ。仲間みつけた。

ワークショップをしていく中で

印象的なシーンがありました。

それは

「仲間いた!」という安心感を一部ではありますが

感じ取れたことです。

書いてもらったアンケートも目を通しましたが

感情むき出しのものや

モヤモヤしている自分を表現したものまで

全てが素直な反応がその場とアンケート用紙に表現されていました。

この日を迎えられてよかったと感じた瞬間でした。

メンターとしての立ち振る舞い

しっくり来なかったことがあります。

メンターという重役をもらっている中で

どうしたら学生さんたちが輝くことができるのか。

それが会場にいる中でずーっと頭の中を巡っていました。

始まったばかりですが

自分としてどうやって接していくのか

何を大切にしているのか

Hitachiforogsに関わることでどうなりたいのか

今回の機会は自分たち大人にとっても

成長する機会をもらっていると強く思っています。

私たちも成長し

地域全体が盛り上がるきっかけになるよう

これからの半年間全力でやっていきます。

編集後記

説明会当日、クラウドファンディング達成の報告ができてよかった。

とにかくそれを伝えたいと思っていたら

自己紹介忘れました。笑

僕らより可能性を持っている学生たち

どんな未来が待っているのか楽しみです!

私も負けませんよ。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする