【やはりここが気になっちゃいます】日本最大級まんパク2019行ってきました

先日友人と日本最大級の食のイベント「まんパク2019」へ行ってきました。

http://manpaku.jp

昨年から楽しみにしていたイベント。

このイベントはROCK IN JAPANを企画している会社が運営しています。

ここまで食べたのは久々です

学生以来の暴飲暴食。

友人と一緒に3人でイベント回って

シェアしながら食べ続け全部で13種類の食を堪能してきました。

お腹いっぱいになりすぎて

歩くのが辛いレベルに。

この感覚は学生以来ですね。

でもそんな中もあることへのアンテナは常時ONになってました。

来場者の会話と動線

食事としている中でも

同じ会場にいる人たちの会話と動きを観察していました。

特に会話では

「写真と違う」

「サイズ小さくない?」

「去年あのお店は……」

などインサイトな部分の会話が会場で飛び交っています。

また動線では

会場のスタッフから整備班の役割や視線まで

食べながらも動きを収集していました。

大きなイベントには必ず成功している工夫がある

今回のまんパクでの気づき

・入場が有料
・出店者を厳選、ジャンル選定
・食事スペースの数
・休憩スペース、キッズスペースの確保
・ゆるいアトラクション
・投票システム
・出店者のランキング(毎日)
・動線のデザイン
・ごみの回収頻度
・ネーミング
・店舗デコレーション
・スポンサー

19日間という長期間イベント。

出店者のモチベーションや来場者の満足度をあげる工夫が

散りばめられていました。

成功モデルに足を運び、成功要因を分析する。

自分のイベントでも活用します!

編集後記

昨日は友人の結婚パーティーに参加。

帰りの代行が1時間30分待ったのにかかわらず来ないという事態が。

ここの代行は絶対に使わない。笑

そのあと電話したところは

運転手がわからない場所でしたが

何度も私に電話しながら来てもらい

なんとか到着。帰宅できました。

危機の時に助けてくれる人は

御恩を感じるとともにこれからも依頼したいなと思うものですね。

いい体験になりました。

これからhitachifrogsの第1期説明会です。

がんばってきます!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする