【あえてブレーキを踏む】焦っているときにやる工夫 

先日のある方から質問がありがました

「ものすごく仕事量があってバタバタしている時、どんなふうに工夫をしているんですか?」

私自身、急いでいるとき、バタバタしているとき

必ずハマってしまうパターンを持っています。

思考停止、イライラする、テンパる、整理されていない中で動くからまたやらかす。

あげればきりがないほど

いろんなことがあります。

誰もがパンクする

まず最初に言っておくと

誰もが何も考えずにやっていると

必ず処理できない限界が訪れて

パンクします。

誰でもです。

でもしていない人はなぜ効率よく回せるのか

師の動きを見てある気づきがありました。

わーっとなった時にこそブレーキを踏む

師の動きを見ていたとき

あることが目に止まります。

忙しい時ほど止まっていたこと。

何をしていたかというと

動きを止め現在の状況把握をしていました

焦っているけど

まず今はどのような状況で

残り時間はこれくらいの時に

どう今は対処できるのか

徹底的に俯瞰して優先順位を立てて行動していました。

惰性で進まず、ハンドリングを重視する

バタバタしている時ほど

惰性で大雑把に適当になったりするシーンがあります。

でも結局それが

新たな火種をつくり炎上したりします。

師のちょっと止まって勢いを制御する力

質問を受けて久々に思い出しました。

私も今はバタバタしている時期です。

何かのメッセージだと思って見直してみます。

編集後記

普段仕事をしているときに

プライベートの電話も同時に鳴りまくります。

会社の人は気づいていないかもしれませんが

ちょっと鳴りすぎ。笑

複合的すぎるタスクに、未知の領域です。

明日は一日出張と夜はイベントです。

クラファンも最後までやり抜きます!応援お願いいたします!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする