【他業界から学ぶ】コミュニティづくりで心がけていること

いつも自分の業界だけではなく

他の業界から学ぶことを意識しています。

例えばコミュニティづくりではこんなことをしています。

出版業界から学ぶ「本づくり」がモデル

8年前からある出版コンサルのビジネス塾に通い始めたのがきっかけで

人の心理や購買行動、マーケティングに関わる基礎知識を学び始めました。

その師は、出版コンサルタントで数多くの著者とベストセラーを出し続けています。

学んだことは「マーケティング」「ブランディング」「マインドセット」「コーチング」など

どれも網羅した師の能力を魅力に感じて

セミナーや音源をほぼ全部と言っていいほど聞き続け学びを深めています。

反応してしまったセミナーは?

私が参考にしているのは

自分が思わず申し込んでしまったセミナーをベンチマークにしています。

どんなことに自分が反応したのか。

文章なのか、キーワードなのか、もっと深いインサイトの部分なのか。

それを調べることをしています。

手に取ってしまった商品。

一回立ち止まってなぜ取ったのかを俯瞰する。

そこからいろんな情報を取得します。

フォーマットが必ずある。

調べていくと売れるセミナーや本づくりには必ず共通点があります。

タイトル・著者・プロフ・パッケージ・目次が明確で一貫性があることです。

どんな人向けのタイトルなのか。

そのことについて誰が話しているのか。

話している人はそのことに精通しているのか。

本自体の装丁はどうか。

目次に刺さるワードがあるか。

など

売れるものには必ず一貫性とターゲットに刺さるワードが入っています。

私自身こんな話をしていますが

まだまだ発展途上です。

でもここで言いたいのは

日頃自分が行動してしまっている情報の中から

コミュニティづくりに役立つことがたくさんあるということです。

自分の行動をキャッチアップしてみてください。

編集後記

今日は夜から都内である方と会食です。

会場は「おむすびスタンドANDON」。

秋田にルーツのある方のお店。

秋田のお酒と食を楽しんで来ます!

今日から6日間会食が続きます。なんとかリカバリーします!笑

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする