【言語化しておくこと】一度言葉にしたことは自然に出る

昨日は急に無茶振りされたプレゼン。

たった3分でしたが

今回お手伝いしてる常陸フロッグスの紹介をしました。

言いたいけど言葉に変換できない

プレゼンすると初めてわかる曖昧さ

こう思っていたけど

言葉にすると「あれっ」という感覚。

どう自分が今まで曖昧に捉えていたかが身にしみてわかります。

今回のプレゼンも順序や説明の勘所を外しまくりながらも

熱い気持ちだけで話切りました。

何度も何度もアウトプットする

説明がうまくなるには

とにかくアウトプットです。

事前に整理することも必要ですが

どんな言葉を使えば

どんな感情を乗せれば

どんな場所で言えば

相手に伝わるのか

アウトプットを通じて学び取ることが必要です。

今回も懇親会で何度も何度もプチプレゼン。

暑苦しいプレゼンだったと思います。

でも何度もやるうちにいいリズムと言葉を紡げるようになります。

これが大きな渦を作る最初の最初です。

思い先行型でいい

ロジカルに

フレームワークに

などと言われることがありますが

まずは思い先行で行動することも大事

その過程で上手くなっていけばいいです。

さて明日から新しいチャレンジ始まります

編集後記

今日は大寝坊です。

ブログを書いたまま寝落ち。

更新が今になってしまいました。

こういう時もたまにはあります。

今から結城市で「ゆいのおと」楽しんできます!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする