【一気にではなく刻んで進む】小さい行動を積み重ねる

先日経営者や企業幹部の方々と会食。

その際に「なぜこの場にいれるのか」と疑問を抱き質問。

ある経営者からの答えは「行動しているから」でした。

実力不足を痛感

27歳の時、都内で著名な方が集まる場に参加しました。

私の格好はスーツで普通のサラリーマン。

所作も不自然でマナーもイマイチ。

何もかもが準備不足で違和感たっぷりの中での参加でした。

結果は誰とも上手く喋れず

著名な方々は

私のことを一瞬で見切り近寄らず

「あっ、完全に実力不足だ…」

と心の中で思ったのを記憶しています。

実力をつけるしかない

実力不足。

実力とは何か。

どうやってやるのか。

わからないけどなんかやろう。

自分の中でスイッチが入り

27歳まで本を一冊も読んだことがなかったですが

2年かけて約2,000冊を貪るように読みます。(ほぼ図書館か家で読書漬け)

でもインプット過多の知識メタボに。

先日もブログに書いたアウトプットを組み合わせてから

上手く回るようになり、少しずつですが進んでいきました。

先日ある人から相談を受けました。 「成長するためにインプットを継続しています。本を読んだりオンライン動画で学習したり。 とにか...

一気にではなく、小さい階段をつくる。

当時の私は

2段3段飛ばしで駆け抜けようと必死でしたが

それに見合う筋肉や持久力がないまま継続。

最後は体力が切れストップという負の循環に。

ここでの学びは、継続できる形を取るということ。

このブログも完璧ではなく最良。

そして

小さな行動を積み重ねて

筋力と持久力をつけ行動できる体力を身につけること

その結果に

実力と言われる何か成果が生まれると感じています。

一気にではなく刻んで進む。

これからも行動を積み重ねます。

編集後記

昨日はいとこの結婚式に出席。

久々の菅原家はやはりインパクトが強すぎました。

エネルギー充電完了。

これから茅ヶ崎を出発し日立へ。

到着次第、会社に出勤です。

今日もやり抜きます!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする