【スタバの価格帯の絶妙さ】顧客心理をついた値決め

自分アポイントを取って今日は朝からスタバで朝活。

私がものすごく気になって気になってしまうのが

「数字の並び」

メニュー表に載っている、価格帯の金額が気になってしまうのです。

スタバに見る。価格設定の巧みさ。

ドリップコーヒーをよく飲みます。

先日もしれっと価格アップ。

今の価格を見ると以下に。

ドリップコーヒー(税抜)
 Tall 330円
 Short 290円
 Grande 370円
 Venti 410円

となっています。(実際の表記順に記載)

この価格は税抜き。

ここに税込価格を表記すると

ドリップコーヒー(税込)
Tall 330円 → 356円
Short 290円 → 313円
Grande 370円 → 399円
Venti 410円 → 442円

という表記に。

あ、うまい。そして絶妙な価格設定と思うわけです。

数字で伝えるメッセージ。値決めで決まる。

税抜、税込表記というのは

数字のトリックや惑わすには都合のいい表記だと思っています。

消費者からすると

「安い」と思ったら

会計時に税込価格をみて「あっここまでいくんだ。思ったより高い。」とか

心の中で何度か呟いたことがあると思います。

スタバの場合は、

売りたいゾーンを明確にしていて

しかも290円(税抜)~ 399円(税込)の幅を設定。

リピート客向けの価格設定というのが絶妙。

400円台に繰り上がっていないんです。

何度も通ってくれる人はコストがかさみます。

それを絶妙に感じさせない

価格帯というのが

成長している企業の強さ何だと思います。

徹底して客層の心理を理解する。

私自身、商品・サービスを選択した時に

「また選択させられている…」

「この人、めっちゃ心理学学んでいるな」

「うまい、自分がやるときはこれ真似てみよう。」

と心の中で思い、悔しさと身近にある学びをかみしめています。

以前車を買った時の選択させられている感は

ものすごく違和感を感じて、儲けている企業の心理的ロジックはすざましいと感じたものです。

(高確率でこのパッケージを選択するようにデザインされており、工場での生産効率から利益率までを徹底的に作られたメニュー表。すごいと何度も心の中で呟いてました)

相手のことを徹底的に調べ研究している人からは

多くの学びを得られます。

表と裏の戦略。

それを表裏一体で捉えることが

深い理解と自分の商品・サービスを広げれるきっかけになる

コアなスキルになる。そう感じます。

いま目の前のリアル店舗やコミュニティ運営が

なぜうまくいっていて、なぜうまくいってないのか

日頃見る数字から

自分だったらどうするのか

他業種からも学ぶことは多いです。

街に出ていろんな数字を探してみてください。

編集後記

昨日は日立のキーマンたちとの飲み会。

視座の高い人たちとの会話は刺激になります。

そして、ちょっと相談してもそっと背中を押してくれる人たち。

ほんと皆さんに支えながら生きているなと実感しています。

今日は朝から都内へ。

秋田出身者の飲み会に参加します。(昼から飲んでます)

今年はどんな形であれ、秋田の仕事を作るのが目標。

良い出会いを期待しながら楽しんできます!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする