【背伸びしない】ふくらはぎにも限界がある

「いろんなことにチャンレンジする!」

ここ数年、このテーマを設定して猪突猛進で進んできました。

しかし

2019年序盤、実は一気にスピードを落としました。

何をしたかというと、「背伸びしないこと」

これを心がけて日々生活しています。

思いっきり「かかと」つけてます。

「背伸びしない」は物理的にではなく、マインド的な話。

今年は一人の時間を多く取って

時間の使い方から自分の感情やスピード感も変化をつけています。

「飛躍しすぎず、丁寧に物事に取り組む。」

それが私の中での「背伸びしない」

いつも背伸びし続けたら、いつかふくらはぎがパンパンになってしまうように

持続性に欠け

自分のマインドと現実のギャップにも乖離が生まれ

どこを改善すれば良いのかわからなくなってしまいます。

感覚的には、すり足なんじゃないかくらいに地に足つけて歩いています。

自分を噛みしめる

地に足のついた思考と行動。

そのことで自分の本来の思考や行動を取り戻している感覚です。

友人がよく話している

「抽象と具体を行き来すること」

自分という人間を題材に

感じたことや目の前のことを掘り下げていく

今までの人生で意図して時間を取ったことがありませんでした。

内側から始める

徹底的に自分自身の内側を見るようにしています。

「やりたいのかやりたくないのか」

「それはなぜか」

「ではどうしたら良い展開になるか」

これが毎日のルーティーン。

ブログが木の幹。

そこから派生した、良い習慣が枝葉となり、それがどんどん増えています。

コーチングの師が言っていた、良い習慣だけで埋めたら良いことしか起こらない。

少しずつですが進んでいます。

3月が終わったら、2019年の4分の1が終わります。

今年はとにかくイベントごとがたくさんある年。

自分自身のパワーアップも必要ですが、それを支えるカラダが大事。

背伸びをばっかりしないように行動していきます!

編集後記

苦手なこと、物の整理整頓。

書類が大変なことになっています。

日々やれば問題ないのですが、工夫が必要ですね。

今日はこれから打合せ。午後からIoTのセミナー。

自分の仕事でどう置き換えられるのか。

いい学びになるよう掴み取ってきます。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする