整理整頓2019年3月10日

少し振り返りの時間を取っていなかったので整理整頓です。

北茨城ツアー同行

北茨城市の定住移住事業の一環で開催した北茨城市ツアー。

受託元のココロマチさんにお声かけていただいて一部ですが同行いたしました。

参加者は、「本気で移住を考えている方々」。

本気とつけたのは、具体的なライフスタイルや何をするかが明確だから。

特に一番印象的だったのは、東京と北茨城市の2拠点生活を考えている方の話。

・近い
・田舎であること
・便利でないこと

近さは茨城の魅力の一つ。

移住だけどすぐに都内に行ける。

環境については、都内の便利さと真逆の自然と一緒に生活できる環境をあえて選んでいること。

私たちの年代とは違う、居場所、職業、住居の要素の住環境のみの移住。

年代によってニーズは違うものの、近さを魅力にした住環境の整備。

ここのパッケージをうまく魅せ、ターゲット層にしっかり発信すること。

先日大子に行った際に聞いた、空き家情報がテレビに出た時の反響がすざましかったことが思い出されました。

人口がまだまだ多い年代に仕掛ける。

当たり前ですが、今までしっかり考えてこなかった領域。

先輩方の話をもっと掘り下げ、私たちにできること考える必要と改めて何かのメッセージをもらっている感じがします。

会社説明会&ハルイチバン

自分が所属している会社説明。

初めてみなさんの前で話しました。結果、結構しゃべれる。笑

最近はすべてのことを客観的に見る。そんなフェイズです。

自分がいる会社、プロジェクト、他者との関係性。

ノートに書き出して内省をする。

それによって話す内容がスムーズであるか、わかりやすく伝えれるかどうかが変わってくる。

今回のはまだまだですが、どう自分が知っていて対応できるのか。良い体験になりました。

代役で務めた友人の会社説明は、準備不足。しっかりと魅力を伝えることができず、反省です。

来週は現代版参勤交代

ちょっとしたプレゼンがあります。コンセプトと伝えたいメッセージを整えます。

こういう場は苦手ですがなんとかやり抜く。

怖いけどやり抜く。

やったら成長できる。

心の中でいろんな自分を応援する言葉がこだましています。笑

積極的にチャレンジする。その一つです。

最近またいろんな人に会うようになってきました。

出会う人の種類が変わってきました。

経営者の方、自分が何者であるか明確に話せる方、夢を実現するために走り抜ける方など

「目指す指針が明確」な人ばかりに会うようになってきました。

私自身はまだまだ発展途中。

皆さんからいい刺激をもらって、追いつけるように努力し続けます。

今までとは違う、ステージに上がった感覚です。

一つ一つしっかりと積み上げてきます。

編集後記

今日は御礼のハガキ書く日。

ハガキに感謝を込めて、メールではないアナログのハガキに乗せて送ること。

時間とお金もかかりますが、字を書くのも好きだし手に取った人の笑顔になる場の雰囲気を想像して書くのも好き。

今日は誰かを思いながら過ごす日になりそうです。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする