【整理整頓のチカラ】壁にぶち当たった時は「いま」を整える

最近の良い習慣としては、ブログを継続できていることです。

しかしながら、まだ悪習慣というのはまだまだあります。

先日友人から日頃の習慣スケジュール管理についての相談があったので、工夫や対策についてお伝えします。

人間みんな苦手な部分があります。

私自身の性格は、かなりののんびり屋さん。

ゆっくりのんびりの私に妻も声のボリュームが大きくなる時があります。

そんな時は大抵、いろんなタスクを後ろ倒しにしていたり、ただの怠慢だったり、悪習慣が発動しているタイミングです。

そんな時にやること。

それは「ノートへいま感じていることを書くこと」です。

なぜいまこうなのか。

それを客観的に書き続ける。

誰に見せるものでもないのでありのままを書きます。

ノートを鏡のように、頭の中の言葉を転写するイメージです。

絵で描いてもいいです。

でもその時にはちょっと工夫を。

ノートにフォーマットをセットする。

ノートもただ書きなぐる時もあってもいいですが、

思考の順序を最初からセットしておく。

これを心掛けています。

一番多く使うのは、

マッキンゼーでも問題解決の際に使うフレームワーク「空→雨→傘」です。

空:事実認識
雨:事実解釈
傘:判断、行動

いま起きていることを整理して「空」(曇ってきたなぁ)
その原因や結果について考察「雨」(雨降ってきそうだな)
最後に何がそのために必要か判断、行動する「傘」(傘持って行こう!)

それまでの流れをA4一枚にまとめて整理整頓をしています。

5分でいいです。

家族のこと、仕事のこと、自分のことなんでもいいので、その日にあったことを振り返る、問題があったらすぐに検討する。

その習慣が壁を乗り越えるきっかけになることが多いです。

自分自身のスイッチを知っておく。

ここまではいろんな講座や上司から聞いたことかもしれません。

ここでもう一工夫。

それは、自分自身のモチベーションが上がる瞬間を知っておくということ。

私でいうと「仮説と実験」

理科の実験の延長のようなイメージで物事に取り組んでいます。原体験として、理科が大好き。その時のイメージをいまも利用して、ノートは研究結果とプロセスが記されているもの。として活用して、継続する力を生み出しています。

書く前はモヤモヤですが、考察の段階でいろんな仮説が出てきて、

「こうやったら上手く行くんじゃないか」
「もっとこんなのがあったらワクワクする」
「あの人と一緒にやったらいいかも」

ワクワクする思想が出ている状態がスイッチが入る瞬間。

人それぞれ、スイッチは違うと思いますが、それを知っておくと壁にぶつかった時は対策しやすい。

フレームワークと自分自身のスイッチを知っておく。

それが整理整頓の効果と継続性を最大にするひとつの要因です。

できなくてもやっているとわかってくるものです。今日も仮説と実験を継続します。

編集後記

今日は友人とランチ会。

お互い同郷で茨城にたまたま住んでいるもの同士。

中々ない繋がりなので久々に会えるのが楽しみです。

仕事は定時で夜は家族の時間。

さて今日も一日走り抜けます!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする