【客観力を鍛える】ブログを継続すると自分を客観視することができる

友人に「ブログ継続していますね。」と声をかけられました。

読んでくれている人がいると言うのは嬉しいことです。

今回は、ブログを継続している中での気づきについて書きます。

そのテーマ書ききれますか?

ブログを継続していると日常のちょっとしたことやキーワードがどんどん入ってきて

「どんな意味だろう?」

「これブログに書けそう!」

「いいネタ仕入れた!」

と思う瞬間が多くなります。

日常的にはアンテナの感度が良くなりいい傾向。

「キャッチアップする力を養える」

ブログの効用のひとつだと思います。

でもちょっとした壁にぶち当たります。

テーマ設定まではいいけど、書ききれない。

入り口で終わってしまうと言うテーマが出てきます。

「あっ、そうか。しっかり捉えたつもりでも、言葉の意味や本質的な洞察までは踏み込んでいなかったのか」

心の中で思うことがあります。でもそう言うことを感じることが重要だと感じています。

次に捉えるときは、もっと注意深く物事を見ることに繋がるから。

何事も捉える時に今までにない精度に昇華してくれる。

それがブログ。というように意識が変化してきました。

構造を捉え、細分化する

書ききれない。どうしようか。

今まではそれがきたらテーマを先送りにしたりして、書きやすいものから書いていました。

「でももっとこうしたら。」

「ここを切り取ってみたら。書けるかも。」

「入り口だけなら入り口だけでいいや。そこをもっと深掘ろう。」

書く回数が多くなると、物事の構成や捉える角度を変えながら見えるようになり

まだまだですが、書くことが継続できるようになる。そんな気づきを体感的に感じています。

捉えきれるサイズ感に調整する。

ちょっとした工夫。それをブログというもので疑似体験しているようです。

小さいな成功体験はここブログでも体験できるんだと実感しています。

文章を寝せる。そして感情を捉える。

最近は書けるときに2つ3つ書くようにしています。

完成まで行かなくても、おおよその形まで仕上げたりしています。

で、翌日その文章を読み返したとします。

すると誤字脱字もありますが、何か言葉にトゲがあったり、ダークサイドに包まれているなとか

通常の心の状態で書ききれていない、自分を感じることがあります。

それを気づかずに誰でも読めるブログに記す。するとどうなるか。

知っている相手であれば、こんなこともあるのか程度かもしれませんが、知らない人から見ればただの暴言ということもあると思います。

今やっていることとしては、その文章を書いた後に「文章を寝かす」という時間を置くようにしています。

パンの生地を発酵させるかのように

文章を寝かせてみて、時間が経過した後に改めてみてみる。

どんな感情が乗って書いていたかを感じる工夫をするようにしています。

何か悪い感情で書いているなという時は、すぐに修正。

それから発信。

自分で自分の校正作業。その精度も上がり、日々丁寧に捉えることにシフトしてきた感覚があります。

まとめ

ブログを継続すると

・書ききれないテーマがあっても、それに気づいただけで成長。
 注意深く捉える心がけができる。
・構造を細分化して捉える。捉えやすいサイズに調整する工夫。
・文章寝かす。文章に込められている感情を知る。

上記気づきを得ながら、ブログの精度や物事を捉える精度が上がってくるんだ実感しています。

毎日楽しい。この感覚が今あります。1年前は何も継続できていないブログでしたが、自分の成長を実感できている今。自然に継続できています。

またブログの効用については振り返って書き記しておきたいと思います。

編集後記

昨日は県北地区のキーマンたちが集う交流会に参加。

皆さんそれぞれに想いを持った人たちで熱量を感じました。

(でも運営しっかりしてください。中だるみしすぎです。笑)

今日は都内でイバラキセンスで鹿嶋の唐澤さんのイベントに夕方から参加。その後は夜から茨城移住計画のミーティングです。

その前には日立市出身の経営者の方からお誘いがあり3年ぶりにお会いしてきます。

昔であれば緊張してガチガチだったと思いますが、自然体でお話ししたいなと思います。人見知りは訓練が必要です。ちょっとは成長できたかな。がんばります!

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. のり より:

    ブログを好きになっていただけて嬉しいです。僕も粛々と努力します。

    イベント中、菅原さんの感情が爆発しそうな気がしてました わら

    • hiroto-sugawara より:

      のりさん
      ありがとうございます!続けたら何が起こるのか。その答えが出る日をイメージしながら継続します。
      (大人になりました。笑)