2018年の振り返りと2019年の目標

挑戦したこと、うまくできたこと、失敗したこと

①東京でのイベント企画

茨城移住計画として、茨城に関わる人をつくる。というテーマでイベントづくりに着手。

やってわかったことは、茨城側のキーマンの人選はできるが、枠組みやテーマ設定ができず、今までいかに抽象度高くやっていたかを見直す機会に。

メンバーのイベントづくりのコンセプトや人と場の設定について学ぶことが多かったです。

実際やったこととしては、キーマンや情報の提供。そこからの発展はまだまだ勉強が必要です。

②東京コミュニティの創出

仮説の一つとして、茨城に関してのたまる場が東京にあればもっといろんなこと、いろんな人が茨城のことを知れるのではないのか。

そんな仮説を持って取り組んだ茨城移住計画のプロジェクト。

結果、半分当たってって半分外れました。

情報が欲しい人は実際にいて、結果茨城まで来てくれる人もいてアテンドする機会も増えました。

関わる人が増えるその部分については当たり。

その他のところではどうか。

東京でのイベントが多くなることで茨城側でやることが減少。

実際東京の人たちが云々ではなく、本来茨城県内側にいるキーマンやプロジェクト、事業が発展するための何かにもっとコミットしたかったところです。

現地側の魅力があるから、さらに外から人が来るきっかけになる。

外に求めていい部分と、内側で強化・支援するところをもっと明確にする必要があると感じた1年でした。

来年は茨城のことにフォーカスしてやります。

③相談事に答え続ける

2018年は相談されることが劇的に増えました。

年初は、学生さんたちからメッセンジャーで直接連絡が。

皆さん会った事はない方達です。

「(エネルギーが有り余って)地域のことで何かやりたい。どうすればいいか?」

一つ一つの相談事から順に話を聞いて

自分なりのお答えをするようにして行きました。

答えには2種類。

問いを投げかけもっと深掘りしてもらうこと、もう一つはそのまま感じたことをフィードバックすること。

それを愚直に投げかけ答え。そんな時間を1年通じて継続しました。

数としては58人の方からの相談です。

多様化が進んだ今、いろんな価値観と接触することで

悩んだり、フィードバックをもらえる相手を探している

そんな印象を受けた相談事が多かったです。

今後、来年2019年の目標設定の一つ「コーチング」でこの経験を役立てて行きます。

④ブログ

9月から始めたブログ。友人から早くやれと言われ1年越しに開始。

最初はやり方がわからなかったので、友人からのサポートしてもらいながらの設定作業。

これがきっかけで、言語化する習慣が生まれ日々行動に繋がっています。

来年は再度サービス内容を整備してブログでの日々の積み重ねをして行きます。

毎日365日継続すること。毎日振り返りの時間をつくる。

これが目標です。

⑤休職してみる

人生で初めての休職という選択。

理由はいろいろありますが、整理整頓の時間として取得しました。

理解ある職場の人に恵まれてよかったと心底思いました。

何が起きるかというと

普段のリズムから外れるので、一気に心の余白が生まれます。

その余裕からくる時間を使い。

日々問いかけから、内省の時間に。

いろんな思い込みや固定観念にとらわれていることがわかり、

その自分を理解した後にどう再構築するか。

そんな時間を今年体験できた。

人生の中でも希少な1年だったと思います。

他人にどう思われても

自分でそうだと思ったことはまずやってみる

休職という決断は中々できるものではなかったですが

やってみるとまた新しい自分に出会える

良い選択でした。

2019年の目標

「整えて突き抜ける」

やらないことを決めてフォーカスする。

あれもこれもやりたくなる性格。それにはある程度の工夫(制約)を設けてやるのが今回の改善点。

ブログで整理整頓と言語化して整え、やるべきことだけに突出して時間を費やして貫く。

それが今年の形です。

プライベートでは

家族の時間を多く取ること

ラグビーの試合に1試合出ること

懸垂10回できるようになること

健康で家族と過ごす。これが目標です!

編集後記

いま秋田に帰省する新幹線でこの記事を書いています。

一つ一つ積み上げることを大事に2019年は過ごしていきます。

課題図書もいっぱい持ってきました。

秋田に帰ったらいろんな人に会う予定。

良き出会いがあることに期待しながら過ごします。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする