お悩み事の整理整頓

栃木からのお客様

以前イベントでご一緒した方から、本業以外でやっていた複業を事業化するご報告とイベントプロデュースのご相談。

栃木からわざわざ日立まで車で2時間の距離を来て頂き、恐縮しておりましたが、ご本人の本気にしっかりと答えなくてはといつもより気合が入りました。

内容を細分化してヒアリングをしていくと

まだまだ言語化できていないこと、スキルはあるけど見せ方やターゲットの選定がまだこれから。

結果、その場では解決できないことがわかり、言語化とターゲット面は宿題としてヒアリング内容を変更。

現在やりたいことをヒアリングすると、イベントでのコラボやイベント自体を主催したい等の要望。

そちらにフォーカスして深掘りの問いを投げかけます。

ご相談の方は、フレンチ、割烹、スペイン等の料理に携わっていたことがある料理人。

またデザインの勉強もしていたことで盛り付けなどのクオリティも高め。高級なレストランとあまり変わらないです。

事業化の話は、複業でやっていたケータリングを事業化すること。

自分ができることの明示

ある程度概略をお聞きした後、私がお役に立てること、範囲についてをお伝えしました。

今回でいうと3つのこと。

1)イベント企画の立て付け(集客を前提にした全体コンセプトの設計)

2)告知文、バナー、プロフィールの作成サポート

3)人を惹きつけるセールスライティング

上記が対応できる旨伝え、どう設計していくかをディスカッション。

やることは、地産地消の野菜をふんだん使いしたケータリング。

テーマは美と健康。女性をターゲットにしたデキュスタシオンのコース。一皿に何種類か小分けに盛り付けられているタイプのもの。前菜、スープ、魚、肉、デザートの5皿を準備予定です。

今回は非公開イベントで女性向けにやる予定。(もしかしたら一部の男性にも)

応援することが喜び

小さなともしび。不安な中でも決断した人。

その人の魅力を最大限に引き出すこと、会うべき人へおつなぎするのが私の役目。

お手伝いしたくなる。応援したくなる人。

そういう人をもっと助けたいと思う瞬間でした。

「この人はここが魅力だな」

「こんな人に紹介したい」

「ここが突破口だな」

とか目の前の人のことを徹底的に考えるよい時間を過ごすことができました。

ケータリングイベントは2月開催予定です。

徹底的に人の魅力や強みについて考え抜くこと。

これが自分自身も喜ぶことのつながる。

他にも相談が来ているのいい場ができるように提案して行きます。

編集後記

最近ブログの投稿がおろそかになっていました。

新たなチャレンジをするため、静かな空間で情報をシャットアウトして自問自答の作業をしていました。

ノートに書きなぐる。

まとめる。俯瞰する。書き出す。調べる。まとめる。。。その繰り返し。

選択に悔いがないように進めていきます。

もう少しで今年も終わりですね。

2018年は激動の一年でした。良い経験をいっぱいさせて頂きました。

それについても別途まとめておきます。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする