ぼーっとする時間を大切にする

1ヶ月に1日は特にプランもなくぼーっとする日を取っています。

そんな日は

ただ読みたい本を読むとか

気づいたことをメモするとか

家族とどこか出かけるとかをしています。

でもほぼ何もしない。そんな日を作っています。

それはなぜか

日頃気づかないことを気づくためです。

一張一弛を生活に取り入れる

一張一弛の意味を辞書で引くと「締めつ緩めつすること。また、物事の度合いが強まったり弱まったりするさま。」と書いていますが、茨城の水戸では有名な言葉。

参照
ただの庭園ではない! 日本三名園のひとつ「偕楽園」に込められた徳川斉昭の想い “一張一弛” って!?  https://machi-log.net/?p=49937

いつもと違う時間の流れ、使い方をすることで自分の間違いや常識を疑う気づきを得るようにしています。

「そもそもこれってなんだっけ?」

目的、目標、知識の修正と再認識につながるので取り込んでいる何もしない日。

スマホもどれだけ毎日触っているかもわかります。

無意識に触って特に何もしていなかったり、スマホでの損失時間も大きなものだと思います。

何もしない日。それを作ることで、普段の物事への接触している時間、タイミングがわかってきます。

それを認識してる状態だけでも、収穫だと思います。

まずはぼーっとする日を1日だけでも作って体感してみてください。

編集後記

今日は妻と二人でラグビー観戦に。(妻がラグビーにハマってくれたので現地へ観戦行くのが誘いやすい)

日本代表対ニュージーランド代表戦、負けはしましたが以前よりは確実に強くなっている日本代表。

ラグビー経験者としては嬉しい気持ちともっとがんばれと期待感が先行してしまう気持ちがあります。

今度は海外でイングランドとロシアとの連戦。良い試合を楽しみにしています。

昔よりラグビーが好きになっている気がする。笑

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする