朝の時間の使い方

出社時間はほぼ8時30分頃に行くとが多いのですが、最近は7時頃に出社して会社の仕事ではなく日頃気になること、キーワードを調べることに時間を使っています。

▼情報を仕入れる

毎週水曜日は経済アナリストの藤原直哉さんのワールドレポートが届く日。毎朝目を通してから会社に向かいます。

http://fujiwara.aeruba.co.jp/services/worldreport.html

いろんな海外の情勢や経済の状況を、歴史と紐付けながらこれからの世界の流れを読む藤原直哉さんのレポートは他にはない切り口です。

水戸でも藤原塾というのが開催されており、直接藤原さんのお話が聞ける場もあります。オフレコの話もあり、生々しい話が聞けます。もし興味がある人は足を運んでみてください。

http://fujiwara.aeruba.co.jp/services/fujiwarajuku/

▼わからないからこそ調べる

少し逸れましたが話を戻すと、レポートの内容は全て理解できていません。世界の情勢やまだわからない国々の関係性が出てきます。(日本企業や地方創生の話もあるので勉強になります。)

朝の時間お使い方として、1年前から購読し毎週わからない言葉や単語をネットで検索。

なぜ、このようなことが起きているのかを自分なりに考え、いまの行動に活かす。

ということを続けています。

今日のノートはこちら。

晒すのは恥ずかしいです。

書き出しているのは

・今日の大まかな予定
・わからないキーワード
・キーワードを調べたメモ

これを毎朝5分でもいいので積み重ねています。

▼手書きであえて脱線する

ここで重要なのが

全て手書きで書くこと。

記憶に残りやすいですし、途中で脱線したり、設問を追加したりもできる。

会社でやっていても手書きで考え事なら、業務請負と関係ないことでも怪しまれないのでやっています。笑

それと、ここではあえて思考がブレてもいいようながっちりしすぎないように遊びを持たせていること。じっくり考える時間は別に作っているので、朝の時間はとにかく広げる、妄想する時間に当てています。

拡散と収縮を使い分けることがより、時間を効率的に気持ち良く使えると思います。

朝の時間が使い方。

自分が気持ちいいスタートができる何かを設けたら1日が良い時間でいっぱいになると思います。おすすめです。

▼編集後記

今日は午後会社にお休み頂いて都内で開催された2019年目標設定のセミナーに行ってきました。

2019年まだ早いですが、2018年の目標をやりきること、2019年のスタートダッシュをきることを目的に参加。参加者の熱量が高く、一人では考えつかないような言葉が出てきたりと参加してよかったです。

2019年は今までの人生にない、新しい年になりそうです。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする