事前に仮説を持って取り組む

▼事前に仮説を持って取り組む

友人から行動は「あくまで答え合わせです」と言われた時、なるほどな。そうだよな。と思いました。

ただ行動するだけは簡単。

何も考えず飛び込むことも大事な時がありますが、少し考える時間があるのであれば、「調べて仮説を立てて現地に行く」。

現地ではその仮説の検証。それをすることでより深い学びと成長につながる体験ができると思っています。

今日から3日間は、たくさんの体験ができる時間。

・常陸大宮にできた古民家をリノベした美容室

・鹿島神宮の表参道にあるビアレストラン

・民泊新法で茨城で一番に認可をとった鹿嶋市の民泊施設

・鹿嶋スタジアムでの試合観戦および周辺環境リサーチ

・結城市で開催する年一回のイベント「結い市」

楽しいけどちょっとハード。笑

仮説にはいつも3つの枠組みを使います。

以前ブログでも紹介した「人」「プロダクト」「コミュニティ」の視点で捉えてリサーチしてきます。

人が集まる3つの視点

▼人はどこに反応しているのか 毎日している習慣の1つに「人が反応しているものを集める」というのがあります。 どこを見ているのかと...

さてどんな発見があるか楽しみです!

▼編集後記

洗車はいつも自分でやりますが今日は久々にガソリンスタンドへ。

メニューを選ぶことになるんですが、ここでオプションがたくさん。売り上げにどう繋げるか。人のニーズごとにデザインされています。

水洗い、ワックス洗車、DUコート、ビーナスガード、手洗い洗車、手洗い撥水洗車、プラス車内清掃、車内清掃のみ、下部洗浄、虫取りなど。

このメニューは「プロダクト」の付加価値と選択できるかというところ。

そして、「人」スタッフの話術。今日はいい人。「コミュニティ」として見たときは、来ている人は微妙ですが、いいスタッフさんがいるとこには頼みたくなりますね。いい選択をさせられました。苦笑

長距離移動になるので気をつけて行ってきます。

いい出会いといい時間を過ごせるといいなぁ。

菅原広豊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする